症状から病気を探す

腹痛

腹痛(上腹部や下腹部の痛み、差し込むような鋭い痛み、鈍い痛み、張るような苦しさのある痛み)
多くの消化器疾患をはじめ、泌尿器疾患、婦人科疾患などの可能性もあります。痛みが起こっている場所、時間、痛みの感覚などによってある程度の原因を絞り込めます。丁寧な問診や触診で状態を確認し、血液検査、X線検査、超音波(エコー)検査胃カメラ検査大腸カメラ検査、CT検査などから必要な検査を行って診断します。

消化器疾患

急性胃炎・慢性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、アニサキス症、胆石・ 総胆管結石、胆のう炎、膵炎、虫垂炎(盲腸)、大腸憩室炎など

泌尿器疾患

尿管結石・膀胱結石など

婦人科疾患

卵管捻転・子宮外妊娠など

便通異常

(便秘、下痢、便秘と下痢を繰り返す、残便感、便が細い)

腹痛がともなう慢性的な下痢

潰瘍性大腸炎・ クローン病などの炎症性腸疾患、過敏性腸症候群など

急激な腹痛をともなう下痢

ウイルスや細菌などによる感染性腸炎

便秘や便が細い

大腸がん、前がん病変の大腸ポリープなど

健康診断・検診・人間ドックなどでの異常や再検査

(便潜血検査ピロリ菌感染検査、肝機能異常、胃X線検査)
健康診断などは進行してしまうと深刻な状態になる病気を早期発見につなげる目的で行われているため、「病気の可能性」があることがわかっても、確定診断には精密検査が必要なケースがあります。自覚症状がない段階です。病気ではない可能性もありますが、早期発見によって完治可能な疾患は数多くあり、進行させてしまうと生活や仕事に大きな支障を及ぼす疾患も少なくありません。健康診断などで要精密検査や異常を指摘された場合には、できるだけ早めにご相談ください。

食欲不振・体重減少

(疲れやすい、全身倦怠感、フラフラする、貧血症状) 食欲不振はストレスや疲れ、睡眠不足、運動不足、妊娠などによって生じることもありますが、疾患が原因になって生じているケースもあります。食欲不振には、疲れやすさ、全身倦怠感、ふらつき・めまい・頻脈などの貧血症状をともなうこともよくあります。消化器疾患によって起こっている場合が多いのですが、甲状腺疾患や薬の副作用として生じているケースもあります。

消化器疾患

胃がん、大腸がん、膵がん、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染などによる慢性胃炎、慢性の便秘など

消化器以外の疾患

甲状腺疾患など

胸やけ、みぞおちの痛み

(胸やけ、げっぷがよく出る、呑酸、みぞおちの痛み、吐き気・悪心)
上腹部症状であり、呑酸は酸っぱいものが上がってくる感じです。食後、横になった状態で悪化することがあり、のどの違和感や飲み込みにくさ、咳などを起こすこともあります。

消化器疾患

逆流性食道炎、機能性ディスペプシアなど

血便・黒色便

(便に血が混ざる、便に血液と粘液が混じっている、便が全体に赤っぽい、黒い便)
真っ赤な鮮血が付着しているものから、全体が赤っぽい血便、黒くて粘りのある便、排便後に血液がポタポタ垂れる、拭いた紙に血液が付着する、肉眼では確認できないほど微量の血液が含まれている、便潜血検査陽性などがあります。
色や形状、痛みの有無でもある程度疾患を絞り込めます。鮮血の場合は肛門に近い場所からの出血が疑われ、肛門から離れるに従って黒っぽくなっていきます。胃カメラ検査大腸カメラ検査などで出血している場所やその状態を確認し、適切な治療を行います。

痛みがある場合

潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患、虚血性腸炎、感染性腸炎、切れ痔(裂肛)など

痛みをともなわない場合

大腸がん、大腸ポリープ、内痔核、憩室出血など

黒色のタール便

胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんなどの他に、口腔内や鼻腔からの出血なども考えられます。

のど・食道のつかえ感

(飲み込みにくい、むせる、嚥下困難、のどの違和感) 逆流性食道炎の可能性が高いのですが、食道やのどの幅広い疾患で起こる可能性があります。また、狭心症でもこうした症状を起こすことがありますので、注意が必要です。胃カメラ検査では食道、のど(咽頭や喉頭)の詳細な検査が可能です。

消化器疾患

逆流性食道炎、食道がん、食道アカラシア、好酸球性食道炎など

のどの疾患

咽頭がん、喉頭がんなど

心疾患

狭心症

やりたクリニック
             
住所 〒290-0022 千葉県市原市西広131
診療科目内科、消化器内科、小児科、循環器内科、呼吸器内科
TEL 0436-20-8882
アクセス お車でご来院の場合館山自動車道・市原インターから館山方面へ5分
電車でご来院の場合JR 内房線・五井駅乗り換え小湊鉄道・海土有木駅 徒歩10分

アクセスはこちら

※横にスクロールできます

内科・消化器内科 8:00~11:30
15:00~17:30
小児科 9:00~11:30
15:00~17:30
循環器内科 9:00~11:30
15:00~17:30
呼吸器内科 9:00~11:30
13:30~15:00

:13:30~15:00までの診療となります。

TOPへ