慢性胃炎、萎縮性胃炎

胃炎について

胃炎について

胃の粘膜が炎症を起こしている状態が胃炎であり、一時的なものが急性胃炎、胃炎が続くのが慢性胃炎です。急性胃炎は暴飲暴食、飲酒・喫煙、ストレスなどによって起こることが多く、慢性胃炎はピロリ菌の感染によるものが最も多いです。次いで非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)によるものが多くなっています。ピロリ菌に感染していると長期的に胃の炎症が続き、胃粘膜が薄くなる萎縮性胃炎に進行すると胃がん発症のリスクが大幅に上昇してしまいます。ピロリ菌感染陽性の場合も除菌治療を成功させることで炎症の再発を効果的に抑えることができます。胃炎と胃がんは症状だけでは鑑別が難しいことがありますので、早期発見はとても重要です。胃炎を繰り返す場合には消化器内科をできるだけ早く受診してください。

適切な治療のために

胃炎はピロリ菌感染などによって実際に胃粘膜の炎症を起こしているケースと、機能性ディスペプシアなどの胃の機能性低下や知覚過敏などによって症状を生じているケースに分けられます。たとえばピロリ菌に感染している場合は症状を緩和する治療ではなく、除菌治療によって根本的な胃炎の治癒が可能になります。適切な治療のためには、胃炎を起こしている原因をしっかり確かめることが重要です。

胃炎の症状

急性胃炎

など

慢性胃炎(萎縮性胃炎)

など

慢性胃炎は自覚症状に乏しいまま萎縮性胃炎まで進行してしまうことがあります。萎縮性胃炎まで進行させる前に発見するためにも、早めの消化器内科への受診が重要です。また、ご家族に胃がんになった方やピロリ菌感染陽性の方がいる場合には、特に症状がなくても消化器内科を受診してピロリ菌感染の有無や胃粘膜の状態を確かめることをおすすめしています。

胃炎の種類と原因

急性胃炎

過度な飲酒・喫煙、刺激の強い香辛料やカフェインの過剰摂取

飲酒や喫煙、刺激の強い香辛料やカフェインは、胃液の過剰な分泌を促進するため、胃粘膜に炎症を起こしやすくなります。

過度なストレス

消化管の機能は自律神経がコントロールしているため、ストレスで自律神経のバランスが乱れると胃酸分泌が過剰になって胃粘膜の炎症につながります。

慢性胃炎

慢性胃炎の約80%以上はピロリ菌感染が原因とされています。ピロリ菌は強酸の胃酸を中和するために酵素で尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを産生します。こうした酵素などによって胃粘膜が慢性的な炎症を起こしていると考えられています。

萎縮性胃炎

慢性胃炎が長期化すると胃粘膜の修復が間に合わなくなって胃粘膜が薄くなってしまう萎縮性胃炎を発症します。萎縮性胃炎が進行すると胃粘膜が腸の粘膜のようになる腸上皮化生を起こし、その一部に胃がんが発生すると考えられています。

神経性胃炎

過度なストレスで自律神経のバランスが乱れると、自律神経によってコントロールされている胃の機能も乱れ、胃酸の過剰分泌を起こして胃炎になり、胃痛、胸やけ、つかえ感、飲み込みにくさなどの症状を生じます。

萎縮性胃炎と胃がん

ピロリ菌感染による胃炎が長期間続くと、胃粘膜が薄くなる萎縮性胃炎になります。萎縮性胃炎が進行して起こる腸上皮化生した部分の一部ががん化し、胃がん発症につながると考えられています。こうしたことから、萎縮性胃炎は前がん病変とされています。腸上皮化生すると胃粘膜の状態が悪化してピロリ菌すら生息できない状態になり、この段階で感染検査をした場合は陰性になることもあります。そのため、ピロリ菌感染検査には胃カメラ検査も不可欠です。ピロリ菌感染陽性の場合、除菌治療に成功することで炎症の再発率を大幅に下げることができます。胃がん予防のためには、胃炎を早期に発見して粘膜の状態を正確に把握し、原因と状態に合わせた適切な治療を行うことが特に重要です。

胃がんへの進行の流れ

  • Phase1 慢性胃炎
  • Phase2 萎縮性胃炎
  • Phase3 腸上皮化生
  • Phase4 胃がん

胃炎の検査

急性胃炎では、問診で食事や飲酒、薬の服用などについてうかがって、明らかな原因がわからない場合には胃カメラ検査を行って状態を確かめることもあります。
慢性胃炎の場合は、胃カメラ検査とピロリ菌感染検査が不可欠です。胃粘膜の状態を確認して、萎縮の有無など粘膜の状態を詳細に観察し、疑わしい病変がある場合には組織を採取して病理検査を行います。採取した組織を検査することでピロリ菌感染の有無も確認できます。胃がん発症リスクが上昇してしまう萎縮性胃炎まで進行させないためにも、早期の消化器内科への受診が重要です。当院では高度な内視鏡システムを使って楽に受けていただける胃カメラ検査を行っています。鎮静剤を使って不快感を最小限に抑えた検査も可能ですので、お気軽にご相談ください。

胃炎の治療

症状自体は胃酸分泌抑制薬などで比較的短期間に解消できます。ピロリ菌感染陽性の場合には除菌治療をおすすめしています。除菌治療に成功することで胃炎の再発を効果的に抑制できますので、胃がん発症リスクが上昇してしまう萎縮性胃炎まで進行させないためにも有効です。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による胃炎の場合には処方の変更を検討し、それが難しい場合には症状を緩和させ炎症を鎮める治療を行い、定期的に経過観察を行います。
生活習慣によって胃の炎症を繰り返しやすい場合には、生活習慣の改善も必要になります。

薬物療法

粘膜の状態やライフスタイルなどに合わせて、胃酸分泌抑制薬や粘膜保護薬などを処方します。市販薬でも胃炎の症状自体は改善できることが多いのですが、胃炎と胃がんは同じ症状を起こすことも多く、市販薬を服用していたことで受診が遅れて進行させてしまうと生活やお仕事に支障を及ぼす大変な治療が必要になってしまいます。気になる症状がある場合には、できるだけ早く消化器内科を受診してください。

ピロリ菌の除菌治療

2種類の抗菌薬とその効果を高める胃酸分泌抑制薬を1週間服用します。抗菌薬に耐性を持っている場合、除菌治療は失敗する可能性がありますが、薬剤を1種類変更して2回目の除菌治療も可能です。胃カメラ検査によって胃炎の診断を受け、採取した組織でピロリ菌感染陽性と診断された場合には、除菌治療が2回まで保険適用で受けられます。なお、判定検査は、正確な結果を得るために服用終了後2か月程度経過してから行います。

生活習慣の改善

過度な飲酒・喫煙、刺激の強い香辛料やカフェインの摂取を控えます。食べすぎないように注意し、ストレスを上手に解消するようにしましょう。また、十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動の習慣も有効です。

除菌治療後のピロリ菌の感染

ピロリ菌感染は免疫力や胃酸がまだ弱い幼少期に起こるとされています。経口感染を起こすため、下水が整備されていない場所の井戸水などによって感染すると考えられています。日本では65歳以上の方の感染率は80~90%、若い世代の感染率は約20%とされていて、今後も感染者数が低下すると考えられています。
ただし、すでに感染している場合には、除菌治療に成功するか、ピロリ菌が生息できないほど胃炎が悪化しない限りピロリ菌の除去はできません。また、成人になってからピロリ菌に感染することは基本的にないとされていて、ピロリ菌の除菌治療に成功した場合も再感染する可能性は極端に低いと考えられています。
ご注意いただきたいのは、除菌治療に成功することで炎症の再発を抑制でき、萎縮性胃炎まで進行するリスクを低減できますが、感染したことがある場合には除菌しても胃がんリスクをゼロにすることはできないということです。そのため、除菌に成功した場合も定期的に胃カメラ検査を受けて早期発見につなげることが重要です。

やりたクリニック
             
住所 〒290-0022 千葉県市原市西広131
診療科目内科、消化器内科、小児科、循環器内科、呼吸器内科
TEL 0436-20-8882
アクセス お車でご来院の場合館山自動車道・市原インターから館山方面へ5分
電車でご来院の場合JR 内房線・五井駅乗り換え小湊鉄道・海土有木駅 徒歩10分

アクセスはこちら

※横にスクロールできます

内科・消化器内科 8:00~11:30
15:00~17:30
小児科 9:00~11:30
15:00~17:30
循環器内科 9:00~11:30
15:00~17:30
呼吸器内科 9:00~11:30
13:30~15:00

:13:30~15:00までの診療となります。

TOPへ